2016年10月25日 (火)

高齢での子育て

今朝見た情報番組で、高齢出産をした女性の悩みのようなことを

していました。

多かったのが、子供と一緒に思いっきり遊んであげたいけど体力がついていかない、

子育てするパワーが足りない…というようなことでした。

確かに高齢で育児は大変ですよね。

だけど、その道を選んだのは自分なんだからパワーがどうこうって言えないんじゃないかな。

子供にはそういう事情は通じません。

別に全力疾走するわけではないんだから色々工夫をするべきだよね。

私の知人にも50歳で子供を産んだ人がいます。

でも、彼女は年齢を感じさせないくらい若いです。

やっぱり気持ちが若いんだろうね。

彼女に会うと、いつも自分もいつまでも若々しくいたいなぁ…なんて思っちゃいます。

2015年11月21日 (土)

「コウノドリ」をみて…

「コウノドリ」というドラマ、今週放送されたのは高齢出産や不妊治療…。

確かに今不妊治療をしている人って以前に比べてかなり多いようですね。

私の知っている不妊治療の専門病院、朝9時から診察なんだけど8時前から玄関にはものすごい行列が出来ています。

ここの病院、待合室が1階と2階があるんだけど2階には子供連れの人がいます。

不妊治療に訪れている人は全員が第一子を求めてということじゃないよね。

誰に預けることも出来ず上の子を一緒に連れてくる場合、やっぱり子連れの人とそうじゃない人と一緒の待合室だと精神的にね…。

そういう細かな対応が人気なのかもしれないね。

更に日祝日でも数日間毎日欠かせない注射治療なんかは対応してくれるんだそう。

精神的に安心して治療できるのって女性にとってはすごい心強いよね。

2015年9月24日 (木)

コアラが安楽死???

オーストラリア、ビクトリア州というところにある国立公園で野生のコアラが

増えすぎているんだそうです。

そしてなんと、これから2週間ほどかけて300匹から400匹を調査。

調査の結果健康状態が悪いという判断がされたコアラは安楽死されてしまうとか。

安楽死させるメスのコアラの子供は引き受ける動物園を募集する予定らしいです。

コアラが増えすぎて困ることってどんなことなんだろう?

コアラだらけになって争いが起こる?

コアラの住む場所がなくなる?

どんな困ることがあるとしても安楽死って方法以外なにかないんでしょうか?

人間の勝手で少なくなりすぎた動物は人間の手によって増やしたり増えすぎた動物は処分…あまりにも勝手すぎます。

健康状態が悪いってどの程度のことを指すんでしょう…。

2015年5月 1日 (金)

ニート主婦からの脱出

こんにちは。

世間はゴールデンウィークですが、我が家は平常運転です・・・。
私も海外行きたい・・・グアム、サイパン、バリ・・・。
製薬会社で働いてた時は毎年行ってたな・・・。懐かしい。
今は旦那の転勤で地方で専業主婦。
つーかほぼニート主婦だな(笑)
こんな状況を打破しようと、働きに出ようと思っています。
旦那希望で専業主婦になったのですが、
さすがに地方で一人の私を見て可愛そうだと思ったのか、
外に出て良いよとのこと・・・。
さてさてどこで働こう。とりあえず薬剤師資格は活かしたいね。
どこかの薬局かドラッグストアでパート薬剤師の求人でてないかな・・・
と思ってた矢先、スギ薬局の薬剤師パート求人を発見!!
即応募しました!!来週のゴールデンウィーク明けに面接!
受かるかな・・・受かるかな・・・。

2015年1月19日 (月)

高齢での出産っ

最近ではかなり高齢になってからの出産も珍しくはないですよね。

実は私の知人が50歳で妊娠、出産をしました。

初産ではないんです。

彼女は再婚で再婚相手との間に子供ができたとのこと。

女性って生涯で排卵する個数が決まっているらしく、彼女の場合生理が始まるのがとても遅かったために結構高齢になってもまだ生理があり、排卵があるのだそうです。

こういうのもやっぱり高齢出産ってことになるんだろうけどちょっとビックリしちゃいました。

生理の始まる時期って人によってすごく差があるけど終わるのにもかなりの差があるんですね。

別の知り合いで40代前半で閉経してしまったという人もいるけどそういう人は始まるのがかなり早かったっていうことなのかなぁ?


出産とはちと違うけど、別の知人は40歳で未経験の職種に転職した。

自動車ディーラーに採用されたらしい。

これもこれで凄いよね・・・。

本人はもちろん、採用した会社の決意もすごいよね。

一般的に考えるとあり得ないよ。


2014年12月 5日 (金)

妊娠そして出産

最近では医療がどんどん進歩しているから高齢出産をしても安心…なんていう風に思っている人も結構いるんじゃないかな。

だけどいくら医学が進歩していてもやっぱりどうにもならないこともあるんだよね。

でも、出産については高齢だから安全じゃないってわけじゃないよね。

出産っていうこと自体がそもそもとても大変なことなんだってことを知らない人があまりにも多すぎる気がします。

妊娠したら無事赤ちゃんが生まれてくるのが当たり前…そんな風に思っている人きっとたくさんいるよね。

でもそれは大きな間違い。

これから母親になろうと思っている人、いつの日かお母さんになりたいって思っている人はその辺の勉強をもっともっとしっかりとするべきだよね。

 

2014年10月31日 (金)

6人兄弟っ

私のちょっとした知り合いの人が現在妊婦さんです。

年齢は40を少し過ぎたところ。

なんと6人目の出産に挑戦なんだそう。

今の時代一人っ子がすごく多いけど6人ってすごいですよね。

一人でも大変な子育て、6人ともなると毎日がきっとすごいでしょうね。

だけど昔の時代ではそんなの当たり前のことだったんだろうけど…。

段々時代が変わって子育てをしにくい社会になってしまっているんだろうね。

いつの頃からそんな風になっちゃったんだろうね。

子供の元気な声が沢山聞こえてくる世の中がやっぱり明るい未来を作ると思うんだよね。

高齢出産だとか子育てに必要な費用とか色々と問題はあるかもしれないけどそういうのをしっかりと国や地域や…いろんな分野でフォローしていける世の中になるといいのにね…。

2014年9月19日 (金)

子供が生まれるということ

子供が生まれるっていうことはとてもすばらしい奇跡のようなことですよね。

これはきっと子供を生んだことのある親でないとなかなか理解出来ないかもしれないよね。

妊娠して出産して…それがすごく普通のことだと思っている人がたくさんいるんだろうけどそれは決して普通のことではない。

とてつもなく奇跡に近いこと。

そのことをもっと勉強する必要があるのではないかなって思わない?

そうすればもっともっと親子間での殺害事件や生まれたばかりの子供を捨てたり…というめちゃくちゃな事件が減っていくんじゃないのかな。

数学や英語…学校で習うそういう授業も多少は大切なことなのかもしれないけどそれだけが必要なことではないと思うんです。

私の考え方って間違ってるのかな…。

 

2014年8月13日 (水)

代理出産について…

タイの女性が代理出産をして大きな問題になってますね。

なんでも双子の赤ちゃんを出産したものの一人の赤ちゃんはダウン症だったそう。

この事で代理出産を依頼した夫婦がダウン症の赤ちゃんを拒んだ、代理母が赤ちゃんを手放そうとしなかった…と双方で言い分が食い違っているみたい。

代理母出産って子供が生めない女性にとってはすごく必要な、大事なことなのかもしれないけどこういったいろんな問題が後々出てくることが結構多いんじゃないかな。

代理母というものに対しては賛否両論いろんな意見があると思います。

だけど難しい問題ですよね。

私はこの制度、確かに必要なのかもしれないと思う反面本当にそういうことが行われていいのかな…という意見もあります。

2014年3月11日 (火)

食生活とアレルギー

今の世の中若くしてママになる人も多いだろうけど逆に晩婚である程度の年齢になってから出産って人も増えてきていますよね。

初産で高齢出産ともなるとリスクがかなり高くなってくる。

だけど今の医療の発展はかなりすごいから大きなリスクも若干少なくなってくるのかもしれませんね。

何の障害もなく生まれてくる子供がたくさんいる。

だけどそれとは逆に今の時代食べ物にアレルギーを持っている子供がとても多いんですよね。

私が子供の頃は友達で食べ物アレルギーを持っている人なんて一人もいませんでした。

学校の同じクラスでも一人くらいしかいなかった…。

でも今はクラスに何人も何かのアレルギーを持っているって子がかなり多いみたいです。

これってどうしてなんだろう…。

やっぱり両親の食生活に大きな関係があるのかなぁ。

«女性の社会進出

無料ブログはココログ